WJ気功習得プログラム ステップU

WJ気功の3つの段階 ステップU

A.調心 → 心を整える

 

心穏やかに精神性を高め、宇宙との一体化を目指します。

 

日常の雑念を捨て、気持ちを落ち着かせて、静かに心の浄化につとめます。

 

中々、難しそうですが、そんなことはないのです。

 

  • 目を閉じて、深く呼吸することにより、日常のストレスや雑念を取り払い、気持ち(心)を安定させます。

     

    最初は、いろんな事が頭に浮かび、心身統一どころではないと思います。
    しばらくすると、心が落ち着き、重心が下腹部に集中し雑念が消えていきます。
    そして気が体内に循環して、本人、天(宇宙)、地(地球)と気の交流ができて、実際に体感するでしょう。

     

    【注】
    いろんなことが頭に浮かんできたら、マイナスイメージは消してプラスのイメージだけ考えてください。
    マイナスの想念はマイナスの結果を呼び、実現化します。
    プラスのイメージは良い流れを呼び込み、願望実現に近づきます。

     

 

 

 

B.調身 → 身体を整える。

 

身体操作は基本的にはゆっくりと静かに柔らかく動きます。

 

気功は身体のゆるやかな功法により、強い気を発しています。

 

本来、身体は神気が入ってくる神聖なものと考えられています。

 

その身体をもって形を作り、正しい姿勢を求めます。

 

外から見れば立っているだけのように見えるのですが、足芯から百会、百会から足芯へとWJ気功は巡っていきます。

 

 

正しい姿勢は宇宙(天)の気をスムーズに受け入れます。

 

 

 

C.調息 → 息を整える。

 

気をコントロールするのに有効な方法の一つに深い呼吸があります。

 

ゆっくり吐くことにより、腹部に圧力がかかり、内臓全体が活発に働き、より多くの酸素を取り入れることができます。

 

  • 丹田呼吸法

     

    息を出して、腹圧を強くして、横隔膜を上下させるのが基本です → 長く吐いていき、吸気は身体を起こせば自然に体内に入ってきます。

     

    呼吸にのせて宇宙の気が身体に入り、体内に滞っていた「邪気」が放出されます。そして宇宙との交流が可能になります。

     

    この呼吸を意識的に取り入れることで、新鮮な空気(酸素)を体内に循環させます。

     

    気功を続けていると、実年齢より若く見え、健康を維持できるのは、呼吸(気の循環)によるところが大きいのです。

 

 

老化は呼吸に表れる

長い階段を上がると、息が切れて、身体の衰えを実感する方も多いと思います。

 

加齢による能力の低下により、肺活量が落ち、呼吸は浅くなります。そうすると、老廃物が排泄されにくくなり、体内に蓄積します。

 

そのために、気の流れや血流が悪くなり、老化が進んでいきます。

 

 

「ストレスの多い毎日」

現代はストレスの中にいると云われています。そのため気の流れが停滞し、不安定な精神状態の日常を過ごしています。

 

ゆったりと長い呼吸は体内に新鮮な空気(酸素)を取り入れてエネルギーをめぐらせ、自律神経にも影響を与えて、リラックスさせることにより、精神面での効果も大きいのです。

 

 

瞑想法

 → WJ気功法の中の秘伝ですので、紙面でお伝えすることができません。

 

セミナーを受けられた方に直接伝授します。

 

具体的にはお教えできないのですが、瞑想について少しお話します。

 

気功や宗教の世界だけでなく、瞑想は世界中に一大ブームを築いています。経済人、アスリート、アーティストも取り入れています。

 

心静かにただ座るだけです。ストレスがなくなり、身体の不調も改善されます。

 

無心になり、心身ともにクリアーになり、心の状態が変わって、すべてに感謝の気持ちをもって行動できるのです。

 

瞑想は自然に意識せず自分を変えてくれます。

 

 

仏教では、深い瞑想によって得られる感覚を「悟り」と云っています。

 

自分自身を静かな環境で見つめることにより、自分の今置かれている状況を、より全体的かつ総合的に「気づき」やすくなります。

 

この事によって、自分本来備わっている素晴らしい資質を感じとったり、物事の見方が変わり、滞りを解消し、新しい側面からのアプローチが可能になります。

 

新しいアイデアが浮かび、仕事でもレベルアップできるでしょう。

 

ぜひ、セミナーで体験してみてください。

 

 

 

≫ステップVを見る

 

 

 

 
Ameba アメブロ facebook フェイスブック アメブロ、フェイスブック発信しています。左のマークをクリックしてご覧ください♪