WJ気功習得プログラム ステップT

WJ気功の3つの段階 ステップT

1.気の感じ方、気の作り方

  1. 手の真ん中(老宮というツボ)を意識して両手をこすり合わせる。

    何回かこすり合わせた後、5〜10cmほど両手を離してみます。

     

    そして手のひらが温かくなったり、ピリピリしたり、また冷たい空気が流れたり…など何がしかの感覚が出てきます。

     

    その感じが大事です。しばらく、その感じを意識してください。

     

    それが手のひらから出ている「気」です。

     

     

     

     

  2. 次に気のボールを作ります。

     

    @その両手の掌を前に向け、掌を膨らませるように前に押し出し掌をすぼめるようにして引き寄せます。

     

    (呼吸は自然呼吸ですが、掌を前に出すときは吐き、引き寄せるときは吸い込みます。)

     

    10回ぐらい繰り返してください。心地よい感触を得ます。

     

     

    A掌を少し拡げて気のボールがあると想像します。

     

    両手の中にボールがあると思ってください。(大きさはソフトボール大から50cmぐらいまで)

     

    しばらくボールを意識して両手の中にボールができていると思ってください

     

     

    B基本の立ち方
    1.自然体で立ち、肩の力を抜いて、少しひざをゆるめます。

     

      両掌で大きく気のボールを支え、胸の前に置くようにします。

     

      次にボールの表面をなでるような感じで、掌をいろんな方向に動かしてみます。
      腕も前後左右に動かします。

     

      要は、両手の平にフワフワ感など、気の感覚を得られれば良い。

     

      そして、ボールを大きくしたり、小さくしたりして、気感が強くなるまで続けます。

     

     

 

 

 

2.気の出し方(放射)

 

基本的には全身から気を発するのですが、相手に気を送るときは、主に「手の平:指先」を使います。

 

@手を合わせ、「これから気のパワーを発します。」と3回唱えます。そして正しい気を発し、邪気が入らないように祈願します。

 

  1. 拍手を打つ要領で4回拍手を、このときはできるだけ大きな音が出るようにしてください。

     

  2. 手の平から気が出ていると強くイメージします。

    手の平を意識したと同時に気が放出されますが、本人の感覚が強いほうがより強い気が出ます。

 

 

 

3.肉体のヒーリング・初歩的気功療法

ここでは、ほぼ個人指導の気エネルギーの伝授が行なわれ、WJ気功の回路が開かれます。そして基本の12ヵ所に気を当てるテクニックを学びます。

 

その日から自分自身にも、他人にも実践できるようになります。

 

基本位置に手を置くだけで、貴方自身や家族、友人の身体を活性化し、バランスを整えることができます。

 

この段階で、伝授を受けた後とは、貴方は生きている限り宇宙エネルギーが流れる身体を持つことができます。

 

しかも、このエネルギーは生涯失われることはありません。WJ気功は「一生の財産」になるのです。

 

 

A.肉体ヒーリング

 

一対一のヒーリングから集団ヒーリングと進んでいきます。

 

1.参加者で二人一組になり、お互いにヒーリングを行ないます。

 

・手をこすり合わせ、お互いの手の平をたたき合います。
 (肩の力を抜いて、リラックスしてください。)

 

・相手のエネルギーの場を調整します。
 背後に回り、WJ気功の流れを整えます。
 撫で降ろし、気の流れを整えます。

 

 

 

4.基本ハンドポジション(手当療法)

身体の気のポイントに手の平から放射している気を当てます。

 

 

基本12ヵ所
P1.頭(百会)、P2.ひたい、P3.のど(首全体)、P4.胸(気管)、
P5.みぞおち(横隔膜の両側)、P6.おへそ、P7.丹田、P8.肩(両方)、
P9.肩甲骨と背骨の間、P10.尾てい骨の斜め上の痛点、P11.膝関節、P12.足の裏

 

 

当てるときは5分以内にしてください。集中力が切れると単に手を当てているだけとなります。

 

 

このとき、手が熱くなったり、ピリピリ感、ひんやり感と人それぞれの反応があると思いますが、個人差もありますから気にしないでください。

 

 

WJ気功は宇宙のエネルギーを受け入れ、自分の体を通して相手に気エネルギーを自然に流す方法です。したがって、あまり意識すると気が乱れる要因になりますから、素直な気持ちで気を送ってください。

 

 

【注意】 どんな状態で使っても全く安全ですが、医療の代行とはなりません。

 

 

そして最後にフロント(顔からお腹へ)、バック(頭からお尻に)にマイナスの気を払います。

 

 

受け手とヒーラーは交代して施術ヒーリングの続きを行います。

 

 

 

 

B.精神的ヒーリング

 

WJ気功のレベルが上がれば上がるほど魅力的なものになっていきます。

 

 

「言霊」 → 言葉自体にエネルギーがあり日本語は特に魂が宿っています(言葉の大切さを学ぶ)

 

 

言葉には波動があり、その種類によって善悪も変わってきます。

 

 

WJ気功セミナーでの実験をご紹介します。

 

 

 

氷を入れたコップを2つ用意します。

 

1つにはグループで「ありがとう・感謝します・うれしい」とコップに向けて呼びかけます。

 

その水はきれいな結晶が出来てきて、甘い味がします。

 

もう一つには、グループで「イヤだ・みにくい・汚い」などの言葉を投げかけます。

 

その水の結晶は崩れて苦い味がします。

 

 

 

愛情あふれる言葉とは、正しい気が宿り、愛情のない言葉とは、破壊的な邪気が宿ります。

 

 

ヒーリングのときは精神的に安定し、穏やかな気持ちで相手と接してください。

 

 

「言葉とは気が宿り、口から出たときから一人歩きする」

 

 

セッションに望むときは、常に正しい日本語でプラス思考の言葉を発してください。

 

 

【注意】

 

精神的ヒーリングでは、発する言葉に十分気をつけ、依頼者の言葉にも、知らず知らすのうちにマイナスの気を出している場合がありますから注意してください。

 

 

 

≫ステップUを見る

 

 
Ameba アメブロ facebook フェイスブック アメブロ、フェイスブック発信しています。左のマークをクリックしてご覧ください♪